複数の写真データをまとめてサイズ変更するには?

練習や試合の模様を写真に収めてWebサイトやブログにアップロードするとき、画像サイズはどうしていますか?

カメラのメモリーカードの容量に余裕があれば、できるだけ高画質すなわち大きなサイズで撮っておきたいものです。しかしながら、デジタルカメラで撮ったままのサイズでアップすると、Webで閲覧するには大きくなりすぎる場合があります。

サイズが大きな画像には、高画質というメリットがありますが、下記のようなデメリットも生じます。

  • Webサイトやブログにアップできるファイル容量を圧迫する
  • 読み込みに時間がかかるようになる
  • スマホの月間データ通信量を圧迫する

無料で利用できるWebサイトやブログのシステムでは、500MB程度にファイル容量の上限が設定されていることがあります。1枚3MBの写真をアップしていくと166枚で容量を使い果たしてしまいます。閲覧する人のスマホの月間データ通信量にも同様の影響があります。

とはいえ、いちいちサイズ変更するのは面倒だ…

そんな場合に、「Bulk Resize Photos」が役立ちます。

英語のサイトですが、使い方はシンプルです。ぜひお試しください。

1. https://bulkresizephotos.com/ へアクセス

「Drag & Drop Images Here! or Choose Images」のエリアに画像ファイルをドラッグ&ドロップするか、ファイル選択ダイアログボックスから選択します。

ポイントは、複数の画像をまとめて選択できることです。ここでは、105枚の画像を一度に選択してみました。

2. サイズ変更の基準とピクセルを指定

ここでは、1,920 × 1,280 px の画像を、縦横どちらか長い方が 800 px になるようにサイズ変更します。

「Longest Side」を選択しておけば、画像レイアウトが縦横混在でも面積が同じになるサイズに統一できます。

横長レイアウトの画像だけならば「Width」を指定しても良いかと思います。「Width」を指定したときに縦長の画像が含まれると、横長画像の幅と、縦長画像の幅を揃えることになるので、縦長画像の面積が大きくなることに注意が必要です。

指定ができたら、「Start Resizing」ボタンをクリックします。

3. リサイズ実行中

画像編集Webサービスの多くは、いったんサーバーに画像をアップロードしてサーバー側で処理を行います。この「Bulk Resize Photos」は、アップロードを行わずにパソコン側で処理を行いますので処理がとても速いです。

4. リサイズ完了

105枚の画像のサイズ変更を約21秒で完了し、ファイルサイズの合計を約45MBから約11MBに削減できました。

105枚の画像は、一つのzipファイルにまとめられてダウンロードされます。パソコンに保存して、解凍(展開)して利用します。

広告